乳酸菌の健康食品は色々と出ていますが・・・

乳酸菌の健康食品は色々と出ていますね。

 

しかし、その中の大半は腸内環境を改善出来るだけの乳酸菌の数が入っていないものがほとんどです。

 

これらの乳酸菌健康食品では少なくとも半年〜1年の短期間での改善は難しいでしょう。

 

その理由は前述した通り乳酸菌の数が圧倒的に足りないからです。

 

楽天などでランキング入りしている乳酸菌健康食品をざっと見てみましたが、乳酸菌の数はだいたい数億個〜100億個前後ぐらいです。

 

腸内環境を短期間で改善するには乳酸菌は1日に1兆個摂取する必要があると言われていますので、全然足りていません。

 

通常の乳酸菌健康食品は元々健康な人がその健康を維持するのが主な目的ようなものなので1日100億個(ヨーグルト1杯100g分)も取れればいいでしょうと言う考え方なんですね。

 

なので、腸内環境を短期間で改善することはそもそも想定外なのです。

 

 

もちろん、毎日食べていれば数年ぐらいの時間をかければ腸内環境も改善されていくとは思いますが、短期間で改善したいと思っているならば、健康食品にしっかりと乳酸菌の数が明記されているもの(出来れば1兆個以上のもの)を選ぶようにしましょう。

 

日本の健康食品のほとんどは「乳酸菌●●個」という表現がほとんどですが、稀にmgなどの重さで表記しているものがあります。

 

しかし、乳酸菌は水分を含むためこの表記ではあまり正確な乳酸菌数を把握することはできまません。乳酸菌含有量を多くみせたいときに重さで表記しているそうです。

 

乳酸菌1gの数は約100億個です。乳酸菌の状態によって数は変わりますがだいたいこのぐらいと言われています。
1gでこの数なのですから、重さの単位がmgな時点で乳酸菌の数が少ないのは言うまでもありません。

 

 

乳酸菌の量にこだわるなら「乳酸菌●●個」と表記されているものを選びましょう。

 

 



 

 

関連ページ

健康維持を目的とした食品
健康維持を目的とした食品